何も考えずに言っていた言葉を、考えてから言うようになったら生活が豊かになった話

あなたにも、日頃何も考えずに言ってしまっている言葉ってありませんか?
「何でもいいよ」「どっちでもいいよ」「とりあえずビール」
これらの言葉って、意識せずについ言ってしまいがちだと思います。

でもこれって完全に思考停止なんですよね。何も考えていない。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9461021314410000"
data-ad-slot="8875367774">


いや、ちょっと待ってくれ!違うんだよ。
「何でもいいよ」とか「どっちでもいいよ」って言葉は、
相手に決定権を渡しているのであって、
相手への譲歩なんだ!相手への優しさなんだよ!!

と反論する方もいるかもしれません。本当にそうでしょうか?

相手はあなたに決めて欲しくて聞いてきたんですよね?
それなのに、「どっちでもいいよ」は水掛け論のようなもの。
着地点が見当たりませんよ。

と、こんな風に考えた昨年末・・・
これを機に2016年の目標は、
「なんでもいいよ」「どっちでもいいよ」「行けたら行く」
は言わない!!!言ったら罰金!!

こう決めてからこの言葉たちが消えました。
すると、生活に豊かさが生まれてきました。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9461021314410000"
data-ad-slot="8875367774">


うまく言えないんですけど、自分で考えた結果に向き合っている。
これがいいんだと思います。
相手から聞かれたことにきちんと考えて答えている。
これがいいんだと思います。

自分が決めた出来事に向き合える楽しさ。
相手の問いかけに答えたから、相手も答えをもらって満足している。
「決められないから聞いてるのに、どっちでもいいよ!は、ないじゃん!!」

懐かしいな〜この言葉(笑)


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9461021314410000"
data-ad-slot="8875367774">