男子にとって「はっ!」と気付くことの多かった『かわおご』

はあちゅう氏の『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』略して『かわおご』

女性向けの本かとおもいきや、男性にとっても気付きの多かった本だったな〜と。

というのも、最近ご飯に関して考え方が軽くなっていました。
でも生涯で食べられるご飯の回数って、決まってるんですよね。

例えば、外食が増える大学生(18歳)から社会人(60歳)の回数で考えた場合。
毎日3食しっかり採った場合、(60−18)×365×3=1931580

なんと、たった193万回しかご飯を食べないんですよ!?
その限られた回数を、誰と過ごすか?何を食べるか?って大事なんだな〜と気付かされました。

スマホはもう触らない!!

読み進めていって最初に「はっ!」とさせられたのが、スマホについてのお話。
二人でいるのに相手が携帯を触っていて、手持ち無沙汰の時は、一人で携帯を触っている時より切なく感じます。同じ空間にいるはずなのに、相手の心はここになくて、取り残された気分。
デート相手がトイレに行ったのでツイッターを見てたら、彼がトイレからつぶやいていたことがあった・・・というか、よくある。
ごめんなさい!!トイレでツイートした経験あります。
ついつい、長居しちゃうことあります!!

デート中にそれってたしかにダメですよね。相手のこと考えてなかった。
本文中ではさらに、
とある男性が、「女の子がご飯デートでトイレに立つ時にスマホをテーブルに置いて行くと、心を置いて行ってくれた気がして嬉しい」と言っていたのがすごく印象的でした。
これは女の子側だってそうですよね。当然のこと。これからトイレに立つときはスマホを置いていこうと思います。
(ちなみに、運転中助手席に座った相手がずっとスマホを触っているのも、結構寂しい)

見栄を張る必要ない


これは自分には当てはまらないかなと思ったことなんでよくわからないんですけど、初めて行ったお店でわからないまま注文する人って多いんですかね?
初めてのレストランで「この横文字はなんて読むんだろう?」と知らない同士でうんうん言うよりも、「これってなんですか?」と聞いてお店の人をメニュー選びに巻き込んだほうが知らなかったことも知れて、お店の人とも仲良くなれて一石二鳥です。
初めて行ったお店でも、積極的にお店の人と気軽に会話をする人であれば、かなり会話力に長けたいい男です。

ご飯が好きなので、メニューが何かわからないまま注文するのが嫌なので、結構聞くんですよね。
なので、ここは逆に見え張っちゃうひとが多いのかな??なんて思ったり。

衝撃の一言


本をどんどん読み進めていき、最後の方でまた衝撃な一言に巡り逢いました。
「自分がおごってでもご飯を食べたい人としかご飯を食べに行ったらダメ。時間の無駄」って偉い人が言ってました。 
すごっ・・・。それは考えたことなかった・・・。
でもそういう風に考える人もいるんだね。

まとめ


思えば大学時代、ご飯の食べ歩き・スイーツの食べ歩きをしていたな〜と。
でも気づけば、節約を口実にそういったお店に足が遠のいていました。
限られた回数しか無い食事の時間。これは1回1回をしっかり充実させねば・・・。

ちなみに今自分が行ってみたいのが・・・これ!
http://ure.pia.co.jp/articles/-/52557

びっくりドンキーのビール飲みたーい!!