節税したい人必見!!税金はnanacoで支払いなさい!

クレジットカードのポイントが貯まります!

bec7a901.jpg


クレジット払いが出来るものと出来ないもの
毎月一定額の支払いが発生する公共料金や税金など。
その税金や公共料金など、あなたはどうやって支払っていますか??

私は基本的にクレジットカードから引き落としで支払っています。
携帯の利用料金、インターネット使用料、国民年金などなど。
多くがクレジットカードで引き落としができるんですが、中にはクレジットカードでは支払えないものが存在するんです。
私の場合は、国民健康保険、市民税がそれに該当します。
ただし、地域によってはインターネットサービスを利用することで、クレジット払いにすることも可能らしいのでご確認下さいませませ。

代打「nanaco」の登場
クレジットカードで支払うことが出来れば、その分クレジットカードのポイントが貯まります。
ここではわかりやすいように、還元率1.0%のクレジットカードで考えてみるとこうなります。
10000円で100ポイント
100000円で1000ポイント
1000000円で10000ポイント
ポイントを貯めれば商品券や旅行券や、ポイント分のキャッシュバックをしてくれるサービスもあります。
しかし、先述した国民健康保険と市民税についてはクレジット払いが出来ないため、今までは口座引き落としを余儀なくされていました。
しかし、昨日ご紹介したニコニコ生活講座で紹介していたやり方を使えば、クレジットカードのポイントが貯まるんです!
それは・・・nanacoを使ってコンビニ払いをすること

150903-0001


nanacoは事前にチャージをしておくことで、タッチして料金を支払えるカードでSuicaPASMOと同じだと考えて下さい。
そしてこのチャージ、なんとクレジットカードから直接チャージをすることが出来るんです!!
で、各種税金をコンビニ払いにすれば、nanacoで支払うことが出来ちゃいます。

おわかりですか??クレジット払いの出来ない税金も、nanacoを使って支払うことでnanacoにチャージする分のポイントが貯まるということです。

例えば、10000円の税金(クレジット払い不可)を支払うとします。
これを口座から引き落とす設定にしていたら、何の得もありません。
ただ、毎月指定口座から引き落とされるだけですからね。

しかしnanacoを使って支払うようにしておけば、nanacoにクレジットカードから10000円をチャージした時点で、クレジットカードのポイントが100ポイント付きます。(1.0%還元の場合)
もし、ポイントをそのままキャッシュバックしてくれるカード会社の場合は、10000円の税金が9900円と100円割引になるんです。
税金がまさかの値引きですよ!?

この話をニコニコで見た翌日、すぐに口座引き落としを解約、nanacoカードを作り、クレジットカードを登録!
早速、税金ではないんですがコンビニで支払う料金をnanacoで支払ってきました。
nanacoを使った裏ワザ、知ってるだけでかなり得しますよね。なんで今まで知らなかったんだ・・・。

さて、次回はnanacoにチャージするのにオススメのクレジットカードは何か?ご紹介したいと思います。
nanacoにチャージできるカードって、何気に限られてるんですよね・・・。