bon-choco-la-bon

訪れた方に役立つ情報を提供!読んだ方から「1へえ」もらえれば喜びます。

上野のモネ展に行ってきた!混雑していないかと思いきや・・・

上野の東京都美術館で開催されているモネ展へ行ってきました。
6da443fb.jpg

美術作品なんてほとんど興味のない私。
中学生の頃に行ったイギリスの大英博物館では、1時間で出てくるという荒業。
本来、しっかり見ると1日あっても足りない博物館なんだとか。
でもでも、そこは興味を示さない私。サラッと出てきてしまいました。

 

さて、そんな私がなぜモネ展を見に行こうと思ったのか。
当然、自発的には行きません。友人が行くというので、たまには行ってみようと便乗させてもらったわけです。
チケット売り場も入り口も混雑しておらず、サラッと見られるな〜と思っていたら、会場内が混雑していました。
といっても、ぎゅうぎゅうという程ではなく、1つの絵に大勢が群がって順番待ちが!って言う程度です。
そんな感じで多くの人に大人気なモネ展。ここまでして皆見るのかよ!なんて思っていましたが・・・

「これ・・・行って良かった!!!!」

 

上述したように美術作品に興味を持たない私が、見に行って良かった!なんて感想を!!!
正直自分でも驚きです。でも本当に良かった
1600円のチケットじゃ安いくらい「2周目行ってもいいな・・・」と思いましたもんね。

 

では、なぜそこまで感動したのか。それは作品の見方というものに気づいたからかも知れません。
絵なんて見られれば一緒。どこから見たって、とりあえず見られればいいじゃん!と、考えていたのですが違いました。
絵は、近くで見るのと離れて見るのとでは、受ける印象が全く違うんです!!
普段から見慣れている方からすれば、「当たり前じゃん」なのかも知れませんが、ようやくそこに気が付きました。

 

以下、モネ展の感想です。美術素人の感想なので、半笑い程度でご覧ください。
モネは風景画がいい写真を見ているみたいな感想です。
少し離れた場所から見てみると、その場所を感じさせてくれるんですよ。
風の動きとか、水の流れとか。暖かさや寒さ、音も感じさせてくれるような気がします。(いいすぎ??)
彼の代表的な作品『印象、日の出』は、21年ぶりに東京で展示されているそうなんですが、この作品を科学的に検証した結果が書いてあってこれが素晴らしい!
216be85e.jpg

 この方角を描いていて、風向きがこれで、天候がこうなると・・・といろいろ検証した結果、作品を描いた日付と時間まで特定されちゃうんですよ!
更にこの作品こそ、少し距離をとった位置から見た方がいい作品だと思いました。
水面に朝日が映る状況が、あたかもその場で見ているかのように感じられます
衝撃でしたね・・・。こんなに絵を見ていろいろと感じたのは初めてでした。
(ただ、18日までの展示らしくもう行っても展示はされていないみたいです・・・)

 

美術作品のドシロウトが、美術作品を見て感じた感想。