食べるということは、「お腹の満足」より「心の満足」

IMG_7423

それなのに最近、また食事に対して真剣に向き合っていないような気がしたのです。

例えば最近、朝は抜いてお昼はご飯と納豆だけ、そして夜はコンビニで簡単に済ませてしまうみたいな。
ダメだろこれ!「食べられればいいや」になってる。
前に書いた時、残り食事回数をざっくり考えてみた結果、約193万回ということに気付いたのに・・・。

正直、あまりに数が大きすぎたせいで、結局「食べられればいいや」になってしまったのかも。
確かにお腹がすいてもうダメ・・・作るの面倒!なんてときは、ついついコンビニで済ませてしまいがち。
でもやっぱりそれじゃあだめだよな~。「食べること」を「楽しんでない」と思いました。

この「楽しむ」っていう感覚が大事だと思うんですよね。
例えば同じコンビニ食でも「作るの面倒だからコンビニでいいや」より、「あのコンビニのあれとあれが食べたいからコンビニ!」ならまだいいと思うんですよ。
きちんと考えたうえで、心が満足する食べ物の選び方をしているから

「コンビニでいいや」にはお腹の満足はあっても心の満足はあるのかな?
「お腹いっぱいになったんだから心も満足してるじゃん!」って反論する人もいるかもしれないんだけど、それは違うと思うんだよね。順番が逆。
「心の満足」と「お腹の満足」は同時、または「心の満足」が先に来るべきだと思う。持論だけど。

って考えてたら、やっぱり自分は食べることが好きだし、食べることに対して真剣に考えてるのかも?なんて思ったり。(だからインスタに食べ物が多いんだな、うん)

そうそう、食べ物関係で最近お気に入りのツイートがこれ。


いやホントその通りだわ。食べたいなら1人でも全然行く。

え?スイーツを1人で食べるの寂しくないかって??
なんで?食べたいんだもん。普通じゃん??

【Sponsored Link】
MUSEE スピードUP キャンペーン