bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

林先生の「今でしょ!」を流行語にしたのは間違いだった!?

ふと思った「いつやるの?今でしょ」の言葉。

相変わらずいい言葉だと思っていたんですが、同時にこれを流行語にしてしまったのは間違いだったんじゃないかと思ったんです。

当たり前こそ真意

林修今でしょ!
「いつやるの?今でしょ!」って、当たり前の言葉じゃないですか?

あとでやればいいや・・・と思っていると結局そのままにしてしまって、何もしない。

 

だったら思い立った時、やろうと思った時に、すぐ行動に移さないとダメ。

ほら、いつやるの?今でしょ!!っていう流れですよね。

 

でもこういう当たり前のことって、人が苦手なことだと思います。

当たり前のこと過ぎて、あとでやればいいやって思っちゃう。

 

あとであとでが伸びに伸びて、やることがたまってしまったり、結局やらずじまいになったり。

気づきにくい当たり前のことを教えてくれる存在って、大事だと思うんです。

 

流行語は廃れがち

林修今でしょ!
ところで、流行語ってどの時代まで振り返ることができますか?

去年が「そだねー」

一昨年が・・・・・・、思い出せなかった・・・。
(調べたら「インスタ映え」と「忖度」でした)

 

こんな感じで思い出せなくなるんですよね。

その結果、「あー、そんな言葉もあったね」みたいな感じで思い出されるようになってしまいます。

 

真意を突いた言葉が古くなる危険

林修今でしょ!
さらに心配なのが「流行語」だからこその危険性です。

 

1998年の流行語大賞となった言葉に「だっちゅーの」があるんですが、最近聞きましたか?

なに、聞いてない?じゃあ使いましょう!

 

・・・

・・・

・・・

 

嫌ですよね?多分使ったら周りから「古っっっっ!!!」って言われること間違いなしでしょう。

 

これなんですよ危険なのは。

流行語=その時代を象徴するものみたいな扱いになってしまい、その時代が過ぎたあとに使うと、時代遅れ感を醸し出されます。

 

でも先程も言ったように「いつやるの?今でしょ!」は、真意なんです。

当たり前のことなんです。

 

でもその真意が、古い扱い・時代遅れとして扱われてしまうのはどうなんでしょう?

 

まとめ

流行語大賞って、ホントに流行語なんですよ。流行っていうのはその時代にはやったもの。時代の流れとともに、廃れてしまう。

でも、重みのある言葉を廃れさせてしまうのは良くない!!

素晴らしい言葉は、時代が移り変わっても語り継いでいきましょう。