bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

【厳選】これがオススメ北海道神7(セブン)だ!!

昨日まで行っていた北海道旅行の中で、ここだけは抑えておくべしという、北海道神7(HKD神7)を独断と偏見で厳選しました。

 

 

成吉思汗 大黒屋

まず、私は本当にジンギスカンが苦手なんです。

 

今まで友人に「ここのジンギスカンなら食べられるよ」なんて言われて連れてってもらったんだけど、いつも全然食べられないレベルなので、個人的に「臭いのしないジンギスカンなんてない!」って決めつけてました。

 

でも、今回旭川で食べたジンギスカン、これはね本当に臭わなかった!そして美味しかった!!

 

だから、もし「ジンギスカンは臭いがして食べられない」って言う人は、ここのジンギスカンを食べて欲しい。

臭いにうるさい自分が食べられたんで、絶対あなたも食べられるはずです!

 

そのお店は、旭川駅から歩いて徒歩15分程度のところにある「成吉思汗 大黒屋」というお店。

 

オープンは17時からなんだけれども、オープン前には行列が出来始めます。

そしてオープンして約20分で、店内は満席になります。なので予約をお勧めですね。

 

ちなみに、並んでいても予約している人優先で入ることになるので、予約をせずに並んでいる人は予約をしている人が入ってから入店することになります。

 

旭川ジンギスカン大黒屋

席に着くと、目の前にはすでに炭火で熱々のジンギスカン鍋がスタンバイ。

ジンギスカンのメニューは生ラムジンギスカン、ラムロール、 ショルダーステーキなどあるんですが、生ラムジンギスカンがおすすめです!


最初の一枚は店員さんが焼いてくれます。

両面に軽く焼き色がついたらそのまま用意されているタレで食べましょう。

旭川ジンギスカン大黒屋


これ美味しすぎます!!いやほんとに!!!

さっと焼いただけなので、割と厚い肉なのに食感が柔らかいんです。

 

でね、食べるまで信じてなかったんですよ。「絶対に臭う!」思ってたんで。

だから必死に匂い探しましたよ(笑)あのジンギスカン特有のラムの臭みを。

 

でも全然感じなかった・・・。「美味しい・・・」

この一言に尽きます。


やっぱり、どうしても肉を処理した後には臭いが生まれてくるみたいなんですね。

でも処理してからすぐに食べれば、臭いはしないみたい。

 

今までジンギスカンは美味しくないって思っててごめんなさい!!

本当に美味しいジンギスカンを食べたことがないだけでした。

 

だから、もしジンギスカンが苦手な人は、旭川に行って食べてみてください!

ジンギスカンに対するイメージ180度変わるから!!

 

大地のフリット

北海道といえば、やっぱりじゃがいもでしょ!

 

私はとにかくポテトフライが大好きで、都内でもポテトフライの食べ歩きをしていました。

でも、なかなか思い通りの味に出会うことがなくて・・・

 

そんな中見つけたのが、札幌パルコの地下にある「大地のフリット」というお店。

ここは、素材や味付けを自分好みにカスタマイズできるポテトフライ専門店です。

札幌パルコ 大地のフリット


 

注文方法なんですが、まずはポテトフライの種類を選びます。

カットの太さやカットの形状、そしてそれらは全て違う種類のじゃがいもを使っています 。


次に塩とパウダーを選びます。

定番の塩やハーブの塩、ちょっと高級なトリュフ塩なども選べます。


最後にディップソースを選択。

ケチャップやマヨネーズサルサなどから選ぶことができます 。

 

札幌パルコ 大地のフリット


今回は定番のカット、そして塩とケチャップというスタンダードなメニューを注文したんですが、じゃがいもの味をしっかり感じることのできるポテトフライでした。


お店は、パルコの地下という分かりやすく行きやすい場所にあるので、もっと早くから気づいていれば通いましたね(笑)

 

ポテトフライを食べてから締めパフェ、なんていう流れができていた気がします。

でも気づいたの三日目の夜だったんですよ・・・

 

次回は初日から行こうと思います。

 

パフェ、珈琲、酒、佐藤

締めパフェの文化が札幌で広がっているのは前から聞いていました。


それにしてもパフェって最近とにかく見た目が凄いですよね。

もはや芸術と言えるレベルの見た目の美しさ。

 

北海道初日に訪れた「パフェ、珈琲、酒、佐藤」は、メディアで見かけたことのあるお店でした。

札幌締めパフェ佐藤



19時半頃にお店に行ってみるとすでに街客が4人ほど。

待つこと15分ほど、店内でパフェを注文します。


そして運ばれてきたパフェがこちら。

札幌締めパフェ佐藤


ピスタチオのアイスと塩キャラメルのアイス、下には北海道産の牛乳を使ったソフトクリームが入っています。


一口食べてみて思ったんですが、これは全てが完成されたパフェだな・・・と。

ピスタチオの濃厚さ、塩キャラメルの濃厚さ、そしてソフトクリームの濃厚さ。

見た目も美しく、味も美味しい最高の締めパフェデビューでした。

 

マルセイアイスサンド

北海道へ行く前に情報を集めている中で見つけた、マルセイバターサンドのアイスバージョン「マルセイアイスサンド」


マルセイバターサンドが好きなので、このマルセイアイスサンドは絶対に美味しいと確信していました。

六花亭マルセイアイスサンド


中に挟まれたバタークリームとレーズンのアイス、レーズンの香りを感じつつ冷たい食感がいい感じ!


そしてサクサクのビスケット。

マルセイバターサンドはしっとりとして食感のビスケットですが、こちらはサクサク食感のビスケット。

六花亭マルセイアイスサンド


店内で購入し外の雪景色を見ながら食べることができます。

北海道物産展に行くと、マルセイバターサンドを必ず買ってしまうという人は是非食べてみてください!!

 

BARNES

北海道といえば牛乳や生クリーム。

そして牛乳や生クリームを使ったスイーツといえば、ソフトクリームですよね。


今回探したお店は「BARNES」というお店 。

札幌ソフトクリームBARNES


ソフトクリームが大好きで美味しいソフトクリームが食べたくてお店を開いたそうです。

 

メニューは定番の濃厚ミルクの他に、季節ごとのフレーバーも用意しているそうで、訪れる前日までは、ラムレーズンを使ったソフトクリームがあったそう・・・

 

レーズン好きにとっては食べたいソフトクリームだったんですが、1日の差で食べることができず・・・

まあ、次回のお楽しみとして取っておきましょう。

 

で、今回注文したのは、定番メニューの濃厚ミルクソフトクリーム。

札幌ソフトクリームBARNES

こちらのお店は、選ぶ容器の種類によって値段が変わります。

 

カップと定番のサクサクコーンは350円、シュガーコーンが370円、キングソフトクリームという1.5倍のソフトクリームが入るコーンを選ぶと450円です。

 

ところでソフトクリームと言うと、クレミアソフトクリームが有名ですよね。

私も食べたことあるんですが、あれは生クリーム感を強く感じるソフトクリームでした。


こちらのお店のソフトクリームは、クレミアソフトクリームほど生クリーム感を感じるわけではなく、どちらかといえば牛乳を感じるソフトクリームです。

コクがあるのにさっぱりとしているソフトクリームで、一口食べてすぐまた一口とパクパク食べてしまいました。

 

気がつくとソフトクリームがなくなっていて、本気でおかわりをするかどうか悩みました(笑)

 

THENOIR(テノワール)

新千歳空港オススメお土産ルタオテノワール

新千歳空港が好きで、最終日は必ず飛行機の3時間前には到着して、空港内でお土産を探しています。

あそこは色々なお菓子の試食ができて、とても楽しい空間なんですよね~。

 

さて今回試食した中で、あまりに美味しくて即購入を決めてしまったお菓子があります。

それが、ルタオで売られている「THENOIR(テノワール) 」というお菓子です。

 

新千歳空港オススメお土産ルタオテノワール

わかりやすく言うと、『白い恋人の紅茶チョコレート版』といったところでしょうか。
(ライバル企業を例えに出してしまいましたが・・・w)

 

薄いラングドシャに挟まっている紅茶チョコレートが非常に美味しい!

普通、紅茶を使ったお菓子って紅茶の香りが弱いこと多くないですか?

でもこれ、物凄く紅茶を感じることができるんです。


ごまかしていない紅茶っていう感じで、試食として頂いた瞬間「あ、これ買おう!」って決めちゃいました。

新千歳空港オススメお土産ルタオテノワール


今回の旅行中(札幌&旭川)には新千歳空港でしか見かけなかったんですが、オンラインショップでも買うことができるようです。

 北海道に行く機会がない方や、物産展に行ったけど売っていなかったという方はオンラインショップで探してみてください。

 

(ルタオ公式)テノワール(20枚入)

(Amazon)ルタオ ラングドシャ テノワール 20枚入

(楽天)ルタオ テノワール20枚入り

 

き花の杜

旭川き花の杜工場見学

き花の杜」は、旭川で有名なお菓子「き花」を製造している壺屋総本店がオープンしたコンセプトショップです。

 

き花の製造工場が初めて公開されている他、ガーデンを一望するカフェやフラワーショップが並んでいます。

 

さて、今回取り上げたいのが2階にあるスペースです。

旭川き花の杜工場見学

1階のカフェで買った商品を2階のスペースで楽しむことができるんですが、このスペースがもう最高の居心地!


店内に置いてある数多くの本が読み放題だし、無料wi-fiは通ってるし、2階席から眺めるガーデンは景色いいし・・・(と言っても今回は雪景色一色でしたけどね)


居心地がものすごくいいんですよね。これほどのんびりできる空間に出会ったのは久しぶりです。
(ただ、平日で人が少なかったからというのはあるかもしれませんが・・・)


ちょうどパソコンを持っていたので、旭川の情報を調べたりバスの時刻表を調べたり、色々作業ができました。

 

正直ここだけで2~3時間いてもいいですね。

カフェで購入した飲み物を楽しみつつ、本を読みゆったりとした時間を過ごす。


旅行に来たからって、せかせか急いでいたんじゃ疲れるだけですからね。

のんびりする時間も旅先では必要だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が今回の北海道旅行で選んだ北海道の神7です。

もし皆さんが北海道に訪れて行く場所に困ったら、参考にしてみてください!

きっと満足していただけると思います。