bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

「投機」をしている人が「投資は怖い」って言う

20代からやっておけばよかった大後悔リストに「積立投資」を入れたんですが、それ以降「投資やってるの?」「危なくない?」「やめたほうが良いよ」なんて言われることがあります。

それについてこんな感想を。

 

 

「投資」か「投機」かは似て非なるもの。 

 以前ご紹介したこちらの本を参考に、「投資」について考えてみたいと思います。

 

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

 

bon-choco-la-bon.hatenablog.com

 

 

お金を増やす4つのパターン

f:id:yonyon2017:20171101115325j:plain

投資=株などを買って自分のお金を増やすもの、というイメージを持っていませんか?

自分が選んだ株を安い時に買って、高くなったら売る。

こうして利益を得ることが「株式投資」だと。

 

確かにそのとおりでしょう。

でも株価の動向に、一喜一憂したりしていませんか?

 

もし、株価が気になってすぐチェックしてしまう。

値下がりしていたら気分が落ち込み、仕事が手に付かない。

 

そんな状況になっているとしたら、それは「投資をしている」のではなく「投機をしている」といえるのではないでしょうか。

 

本書には「お金を増やす4つのパターン」が記されています。

 

貯蓄/投資・・・資産運用(お金を増やす行為)

投機/賭博・・・マネーゲーム(一か八かの賭け)

 

株価が下がったところを見極めて、上がった時に売るという売買の仕方は、ある意味ではそのタイミングを「当てている」と言えます。

 

それはまるでどの馬が勝つかを当てる「競馬」と同じじゃないですか?まさにマネーゲームです。

だからこそ、株価が下がったら(買った馬が負けたら)気分は落ち込むんですよね。 

 

本当の「投資」とは

f:id:yonyon2017:20171101115517j:plain

では本当の意味での「投資」とは一体どういうことなんでしょうか。それは・・・

 

投資の鉄則は「長期」と「予想しない」

 

大前提として、投資は5年10年・・・という長期間かけてお金を増やしていくこと。

とりあえずすぐには使わないお金を投資に回し運用し、途中で下がろうが上がろうが最終的に増えていればOKというものです。

 

毎月の積み立てでコツコツ

f:id:yonyon2017:20171101115407j:plain


長期間&予想せずに投資をする方法には、一体どんなものがあるのでしょうか。

その答えは「積立投資」です。

 

「20代のうちに〜」のエントリーでも言ったんですが、これにはもっと早く気づいておくべきでした。

今までずっと、銀行に定期預金していたんですよね・・・。

 

毎月一定額を銀行口座から貯蓄用の口座に貯金していくというやり方。

バイトしていた頃からやっていたので、これを積立投資に回していたら・・・と思うと、残念でなりません。

 

だからこそ、このブログを読んだ方々には実行していただきたい。

金利0.001%の定期預金で運用するのか、それとも平均5%の積立投資で運用するのかということです。

 

積立投資というのは定期預金と同じように、毎月一定額株を買い続けるというものです。

大事なのは安い時に株を買うのではなく、規則的に一定額株を買うということなんです。

 

同じ金額でも買える量が違う!?

f:id:yonyon2017:20171101115811p:plain

規則的に一定額株を買うとはどういうことでしょうか?

 

例えば、手元に5万円持っているとします。

この5万円で5000円の服を一度に購入すると、全部で10着の服を買うことが出来ますよね?

 

もし、この5万円を毎月1万円ずつ服の購入に充てるとしたらどうでしょうか?

服の値段は毎月変わるかもしれません。SALE期間とかありますからね。

 

1ヶ月目・・・服5000円、2着購入。

2ヶ月目・・・服10000円、1着購入。

3ヶ月目・・・服5000円、2着購入。

4ヶ月目・・・服2500円、4着購入。

5ヶ月目・・・服2500円、4着購入。

合計5万円で13着購入。

 

一度に購入するよりも、5ヶ月間に分けて購入したほうが結果として3着余計に買うことが出来ました。

これが、分散投資の素晴らしい点です。

 

固有銘柄を買う株式投資で考えたら、4ヶ月目・5ヶ月目に大量に買えば良いわけですが、実際にそんなのわからないじゃないですか?

 

下がった株価を目にしたら、もっと下がるかもしれないからもう少し待とうかな・・・とか思うし、2500円で買った株が5000円になったら倍になったわけですからそこで売るかもしれないですよね?

 

でも、翌月10000円になってるのを目にしたら、5000円で売ったことを悔やむはずです。当初の倍の値段で売ったにも関わらず。

 

固有銘柄で行う株式投資には、少なからずこうした感情が邪魔をするわけなんですが、積立投資ではその心配ありません。

なぜなら機械的に買っていくだけですから。

 

まとめ

その積立投資を行うためにはどうしたらいいのか?

どの株式を買えばいいのか?

どういう方法があるのか?

 

などについては、ここでは割愛します。

投資の専門家じゃないですし責任持った発言はできないですからね。

 

それでもあえて言うならば、投資するために節約できる部分は節約しそのお金を投資に回すってことですかね。

節約の方法も色々ありますが、1番効果が顕著なのは格安スマホに変えたことですね。

 

bon-choco-la-bon.hatenablog.com

 

現在私は、SBI証券に口座を作ってそこで積立投資を行っています。

そして参考にしたのは、以下の本です。

 

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす (中経☆コミックス)

 

  

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

 

  

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!  

 

重要なのは「分散して投資すること」「手数料の安い商品を選ぶこと」だと学びました。 

 

その結果、まだ始めたばかりなので偉そうなことは言えませんが、約半年で6%の運用益が出ています。

f:id:yonyon2017:20171101113935j:plain

 

正しい知識を持って、正しい「投資」をすれば結果は自ずと付いてくるのかもしれません。