bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

ソフトバンクからLINEモバイルに変更!違約金を払ったけど結果的に安かった!

iPhoneの新機種が発表されましたが購入を考えているのであれば、絶対にSIMフリー版を買って格安SIMを契約した方がいいです。

私はLIMEモバイルを契約しているので格安SIMについては、LINEモバイル推しですが、みなさんの生活に合った格安SIMを契約すればいいでしょう。

今回は、ソフトバンクからLINEモバイルルに変更してどれ位安くなったのかを、自分の料金明細を基に考えてみます。

読み終えた方が、「格安SIMもいいじゃん」って思ってくだされば幸いです。

 

 

LINEモバイルにしたわけ

まず始めに、なぜLINEモバイルに変更したのかお話しておきましょう。

詳細は過去記事にまとめてあるので、詳しくはそちらをご覧ください。今回はざっくりと要点だけ箇条書きにしてみます。

・ソフトバンクで買ったiPhone6Plusの機種代を払い終えた

・機種代金の分割払い分が割引される「月月割」が終わった

・機種代払い終えたら、月額料金が安っくなるかと思ったけどそんなに変わらなかった

・LINEモバイルのコミュニケーションフリープランに惹かれた

・LINEモバイルの料金プランを調べてみて、安かったので「ええい!ままよ!」と乗り換えた

・結果、大満足の日々を送るようになった

こんな感じですね。

特に大きかったのはiPhone6Plusの機種代を払い終えたことと、LINE・Twitter・InstagramなどのSNS通信時のパケット使用料がカウントされない「コミュニケーションフリープラン」があったことでしょうか。

 

【以下参考】

bon-choco-la-bon.hatenablog.com

 

ソフトバンク時代、月額平均7488円

で、ソフトバンク時代には一体月額おいくら程、料金がかかっていたのでしょうか。

先日、ソフトバンクに電話し料金明細書を取り寄せてみたので、公開してみるので一緒に考えてみましょう。

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

12月11日〜1月10日 8193円

1月11日〜2月10日 8062円

2月11日〜3月10日 7706円

3月11日〜3月17日 20041円

という結果でした。

 

料金体系は基本的に以下の様になっていました。

・基本使用料(ホワイトプラン) 934円

・パケットし放題プラン 5700円

・通話料 月によってまちまち

・ウェブ使用料 300円

・消費税 上記+8%

通話料がどれくらいなのかで、月の使用料が変わってきました。

ここでは通話料が0円だと仮定して月の平均使用料を計算すると、約7488円ということになりました。

ちなみに最終月は、LINEモバイルへ移る際のMNP手数料(3000円)と、2年縛りの途中で解約することによる違約金(9500円)が発生したため、かなり高い料金になっています。

また、月途中で解約した場合、基本使用料やウェブ使用料は日割りで計算されるんですが、パケットし放題プランに関してはまるまる月額分かかってしまうので気をつけましょう。7日間で5700円は振り返ってみると高いですね(笑)

 

なお、これは私が契約していた当時の料金体系なので、今とは少し差があると思います。ご自分の料金プランをよくご確認の上、月の平均使用料をお確かめください。

 

LINEモバイル後、月額平均2772円

では続いて、LINEモバイルに変更した後の月額料金です。

縦長になってしまい少し見にくいですが、ご了承ください。

 

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

ソフトバンク LINEモバイル 料金 比較

 

3月 21492円(SIMフリー版格安スマホ購入代金)

4月 3672円(コミュニケーションフリー5Gプラン)

5月 2817円(コミュニケーションフリー5Gプラン)

6月 2598円(コミュニケーションフリー5Gプラン)

7月 240円(コミュニケーションフリー3Gプラン)

8月 92円(コミュニケーションフリー3Gプラン)

9月 1847円(コミュニケーションフリー3Gプラン)

 

LINEモバイルの月額料金体系は基本的に「基本使用料+通話料+税」で構成されていました。

コミュニケーションフリー5Gプランが月額2220円、3Gが1690円です。

 

また、LINEモバイルではお得なキャンペーンが実施されていることがあります。

今回のキャンペーン適用例は、まず4月分は契約初月の基本使用料が無料(随時)というものと、4月末までに契約した人対象に7月と8月の基本使用料が無料になるキャンペーンが適用されています。

そのため、8月の基本使用料が脅威の92円という値段になっています。

 

そのため、ここでは7月と8月のキャンペーンが行われていなかった場合、そして通話料が0円だったとして平均の使用料を計算してみると、2772円という結果になりました。

 

意外と3Gでイケる

月2772円になった大きな要因は、途中から5Gプランを3Gプランに変更したことだと思います。

というのも、先程述べたようにLINEモバイルにはコミュニケーションフリープランというものがあり、指定されたSNSの使用時にかかる通信料はカウントされないプランなんです。

自分の生活を考えてみた結果、明らかにTwitter・LINE・Instagramの利用が大きかったのでかなり恩恵を受けることが出来ています。

また、仕事中はスマホを触る時間も減りますし、家に帰ればWi-Fiが使えるので通信料を抑えることも出来ました。

契約当初は5Gだったんですが、LINEモバイルの場合使いきれなかった通信量は翌月末まで繰り越すことができるため、どんどん月の通信量が増えていき途中には11Gまでいってしまいました(笑)

だったら3Gに変更しても問題ないんじゃないかと思い、途中から3Gプランに変更しました。

現在(9月18日)、先月分の通信量をようやく使い切り今月分の3Gを使い始めているんですが、おそらく今月も使い切らず来月へ繰り越されるものと思います。

 

LINEモバイル パケット繰越

もし、ギガが足りないような状況になれば、追加料金でギガを買い足すことも出来るし、翌月のプランから容量を増やすこともでき、そこでまた余りがちになればプランを減らせばいいでしょう。

 

SIMフリー版なら購入代金不要

LINEモバイルに変えたことで1番残念だったのが、私の使っていたiPhone6PlusはSIMロック解除が出来ないということでした。

6s以降は出来たんですけどね・・・。ほんとに縛りウザいです。

ということで、私はHUAWEIの格安スマホも購入することになってしまったんです。

格安と言っても21492円ですからね。この出費は大きいですよ。

でもSIMフリー版なら、今まで使っていたスマホにSIMカードを挿せばいいだけですからね。

ちなみに現在はHUAWEIのスマホをテザリングさせていて、LINEやTwitterなどはiPhoneを使っています。でも持ち歩きに2台必要なので面倒くさいんですけどね。。。

大手キャリアより格安SIMの利用がおトク

そんな感じでまとめてみましたが、どうですかね?大手キャリアよりも格安SIMの方がおトクだと思うんです。

この先、年末までソフトバンクを使っていた場合と、LINEモバイルをこれから使っていく場合の予想使用料は以下の通りです。9月〜12月まで4ヶ月で計算して・・・

ソフトバンク・・・29952円

LINEモバイル・・・11088円

差額・・・18864円

ただし、時期によっては違約金が発生したりするので、違約金が発生してもトータルで安いのかどうかは正しく見極めてくださいね。 

また、私はLINEモバイルがいいと思って契約しましたが、行動パターンからその他の格安SIMがいい場合もありますからね。

YouTubeをメチャメチャ見てしまうんです!っていう方は、以下の格安SIMがいいかもしれません。

kobunsroom.com

 

でも確実に言えることは、大手キャリアよりも格安SIMを契約したほうが満足度は高くなるということですね。

スマホ使用料で節約した分、他のものにお金使えますよ!!

 

LINEモバイル