bon-choco-la-bon

訪れた方に役立つ情報を提供!読んだ方から「1へえ」もらえれば喜びます。

【おすすめ】LINEPayカードの積極的活用法とリクルートカードの併用法

クレジットカードのポイントは、貯めれば貯めるほどおトクです。

ところがここでの問題は、ポイントの還元率と使い道です。

いくら高い還元率でも使い道が限定されていては意味がないですし、使い道が広かったとしても、還元率が低くてはあまり意味がありません。

そんな中、還元率が高くて使い道も広いカードがあるので、ご紹介してみたいと思います。

これを読んだ方はラッキーです!読み終えたらすぐに動いてみてくださいね!!

 

 

ポイントは「還元」より「割引」だと考えよう

クレジットカードのポイント集め芸人(?)としては、常々自らの行動範囲内におけるおトク情報を探しています。

だって、クレジットカードのポイントって馬鹿にできないんですよ。だってお金は日々使うわけじゃないですか。そういったものこそ、おトクになったほうが良いと思うんですよね。

さて、クレジットカードのおトク情報としては、ポイントの還元がありますよね。

購入金額の1%が還元されるカードです

みたいな感じです。

ところが、ここでマネーリテラシーのない方は「たった1%かよ・・・」って思うんですよね。

要は、長い目で見ることが出来てないんですよ。ちりも積もれば・・・ってやつです。

1%の還元率だって、日々使うお金の量を考えたら1年でどれ位トクになるんですかって話です。

 

でもね、確かに1%の還元率って、それだけ聞くと少ないって感じると思うんですよ。たった1%かよ・・・って。わからなくもない。

じゃあ、少し視点を変えてこう考えたらどうでしょうか?

購入ごとに、毎回1%割引になるカードです!

このカードを使っているあなただけ、消費税は7%です!

こう聞くと、なんとなくおトク感を感じませんか?

タウリン1g配合

タウリン1000mg配合

例えばこれも後者のほうが、量多く感じませんか??(笑)

全く量は変わっていないのに、言い方や伝え方だけで変わってくるんですよ。

ということで、以下本文中では、還元という言葉を割引に置き換えてお話します。

 

2%割引になるLINEPayカード

LINE Payカードのおすすめ

そんななか、最近見つけたおトクなカードがあります。

LINE Payカードというもので、JCB加盟店で利用できるうえに、JCBが使えるオンラインショップでの支払いも可能です。さらに特筆しておきたいのが、支払い時に2%割引(2%ポイント還元)されるカードなんです。

このLINE Payカードは、クレジットカードとは違いプリペイドカードです。

つまりSuicaやPASMOなどと同じ感覚で使うことが出来るんですね。事前にチャージしておいて、チャージされた金額分だけ利用できます。

今まで、「使いすぎが恐いから、クレジットカードではなく現金主義でした」という方も、これなら使いやすいと思います。しかも、現金支払いでは恩恵が受けられなかった2%の割引も受けることができますからね。デビットカードを使っている人も、こっちに切り替えることをオススメします。
(SuicaやPASMOをコンビニで利用することも出来ますが、2%割引にはなりません)

 

年齢制限のないカード

LINE Payカードはクレジットカードと違って、利用にあたって年齢制限がありません。

LINEを使っている人であれば、誰でも登録することが出来ます。

当然、クレジットカードのような審査もないので発行されるまでの手間がかかることもないんですね。また、後述しますがすぐに手に入れたい人は、コンビニでも手に入れることができます。

 

ポイントの使い道

ここでは「割引」を「還元」に戻して考えてみましょう。

2%分還元されたポイントは、どこで使うことが出来るのか。

LINE Payカードを使って貯まるポイントは、LINEポイントになります。

このポイントは、LINEストア内でスタンプの購入やきせかえの購入に使うことが出来るんですが、1番おすすめなのは再びLINE Payに交換することだと思います。 

ポイントは、1ポイント1円で利用でき、1ポイントからLINE Payに交換可能です。

LINE Payカードのおすすめ

使った金額の2%分が還元され、そのポイントを再びLINEPayに交換し、LINEPayカードで支払いに活用する。

これこそが、常に2%割引で購入できるという根拠に当たる部分なんですね。

 

以上、ポイント還元率が高いという点と、ポイントの使い勝手が良いという点でLINE Payカードをオススメしたいと思います。

 

LINE Payカードが使えない場面

2%割引(還元)というおトク感あふれるLINE Payカード。

JCBのブランドが付いているため、JCBカードが使える場面ではほぼ使うことが出来るんですが、残念ながら使うことが出来ない場面もあります。

それは、公共料金や保険料などの固定費です。

プリペイドカードなので、基本的には財布から直接お金を出す場面以外では使うことが出来ないと思っていいでしょう。

あと、どういうわけかガソリンスタンドのカード支払いにも使えないみたいなんですよね・・・。これは個人的には不便。

 

買い物と固定費で使い分ける

このように、基本的にはかなりおトクなLINE Payカードなんですが、固定費の部分で残念な点もあります。

そこで私が提案したいのが、「普段の買い物はLINE Payカードを使い、固定費の引き落としにはクレジットカードを使う」といった使い分けです。

固定費の部分は、クレジットカードのポイントを貯めてしまえばいいんじゃない?という発想ですね。

 

ところが、この話をすると「だったら両方統一して使えば、ポイントも貯まるし手軽では?」と言われるんですが、確かにクレジットカードに慣れている方はそれでも良いんですよ。

でも、クレジットカードだとついつい使いすぎてしまう・・・という方は、この使い方が良いと思います。

先程も言ったように、LINE Payカードはチャージ式ですからね。入金してある分しか使うことは出来ません。

そのため、普段の買い物で「財布にお金はないけど、クレジットカードで買っちゃえ!」という買い方が出来ないので、買い過ぎの抑制につながります。

自分でしっかりお金の管理が出来るという方は問題ないんですが、もし使いすぎてクレジットカードの明細を見るのが恐いんだよね・・・という方は、この併用使いを強くオススメします。

 

併用するならこのクレジットカード

さて、併用するのであれば、どのクレジットカードが良いのかということですよね。

還元率の面からオススメしたいのが、1.2%ポイント還元の【リクルートカード】 ですね。

年会費無料で1.2%の還元率はかなり高めです。

貯めたポイントは、リクルートが運営するサービスで利用可能です。例えば、ホットペッパーグルメホットペッパービューティーじゃらんなどです。また、リクルートが運営する通販サイトポンパレモールでもポイントの利用が可能です。

ポンパレモールは、Amazonと比べると多少値段の高い商品があったり、品揃えの面で弱い部分もあるんですが、書籍はAmazonと同じ価格なので、ポイントが使える分おトクに購入できます。私は書籍を買う場合、リクルートカードで貯めたポイントを使ってポンパレモールで購入しています。

 

我が家での使い方

ここまで、がっつりとLINE Payカードをオススメしきたんですが、実を言うと私自身は使っていません(笑)

というのも、手持ちのクレジットカードが「リクルートカードプラス」という還元率2%のカードなので、別に使い分けることないじゃんって感じなんです。一応、お金の管理もできていると自負しているので(笑)

ただ、現在は「リクルートカードプラス」が新規入会を受け付けていない幻のカードと化してしまったため、2%還元という意味ではLINE Payカードはやはりおトクなんですがね。

じゃあどんな場面でLINE Payカードを使っているのかというと、家庭の支出全般をLINE Payカードで支払っていると言えばいいでしょうか。要は生活費です。

我が家では、夫婦がともに使う共同の財布を用意しておいて、毎月そこに決まった額を入れています。

食費や日用品代、2人で出かけた際の交際費などはその財布から捻出しています。

今回、我が家ではこの共同財布に入れていた分を、LINE Payカードで支払うことにしました。 

LINE Pay カードはコンビニで買える

こんなにお得なLINE Pay カードなんですが、どこで手に入れることができるんでしょう?
1つは、LINEアプリを開いてLINE Payのページから申し込みをする方法。

もう1つは、コンビニエンスストアに行ってLINE Pay カードを購入する方法です。
 

2つの違いは、カードのデザインが違うということなんですが、今回は早く使って欲しいので、コンビニで買うことを前提でお話していきます。

LINEから申し込むと、1〜2週間かかっちゃうんですよね・・・。

 

LINE Pay カードをコンビニで買う際は、その場で1000円以上チャージをする必要があります。また、似たような商品に「LINEプリペイドカード」があるので気をつけましょう。 

LINE Payカードのおすすめ

写真左側の白い方が「LINE Pay カード」です。右側の緑色のは「LINEプリペイドカード」なので、お間違いなく。

 

LINE Pay カードの設定方法

コンビニでLINE Pay カードを購入したら、LINEのアプリから登録が必要です。

カード裏面に書いてある3ケタのセキュリティーコードを入力しましょう。

LINE Payカードのおすすめ

それだけで完了です。ね?簡単でしょ?

そうすると、先程コンビニで購入する際にチャージした分の金額が付与され、JCBカードが使えるお店であれば、すぐに使えるようになります。

さあこれであなたも、カードマスターの仲間入りです!

 

長くなってしまいましたが、いろいろ調べていたら「LINE Pay カード最強じゃん!」ということに気づいたので、情報を共有させてもらいました。

この先、人生でいくらお金を使うんでしょうね?その利用金額の2%分が毎回割引(還元)されているとしたら・・・

カードを賢く使って、おトクな人生を送ってください!

 

【追記】

LINEモバイルだと、使用料金をLINE Payカードで支払うことも出来ます!

bon-choco-la-bon.hatenablog.com