bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

紳士な手帳!?「紳士なノートのダイアリー」が素晴らしい!!

2018年に向けて使う新しい手帳を手に入れました。

今年は、書き心地の良いノートで有名な「紳士なノート」シリーズから、「紳士なノートのダイアリー」が発売されたのでそれにしてみることに。

毎年手帳を買うのに、手帳生活がなかなか長続きしない私でしたが、今年は違う気がします。

なぜ今年は続けられそうな気がするのか・・・。それは「紳士なノートのダイアリー」の特徴が、私にピッタリだからなんです。

 

紳士なノートとは?

紳士なノートについては、このブログを読んでいただいている方には馴染みのあるノートかもしれません。

 

ニコニコ生放送でメンタリストのDaiGo(師匠)が自身のチャンネルで、ノート術を紹介する際に使っていたノートです。

 

その放送を見てすぐに購入し、ノートカバーを付けて毎日持ち歩くようになりました。

 

頭に浮かんだことをアウトプットし見える化することで、頭の中がスッキリするし、そこから新しいアイデアが浮かんでくるようになる。

書くこと(アウトプット)の重要性を教えられた放送でした。

 

この紳士なノートは、一般的なノートと違って書き心地が全く違います。

HPでは「シルクのようになめらかな書き心地」と紹介されています。

 

豊かな光沢となめらかな肌触り。紀元前の昔から、高貴な織物として重宝されてきたシルク。そのリッチな感触を、ノートでも味わってほしい。アピカの「Premium C.D. NOTEBOOK」はシルクのようになめらかな書き心地をお楽しみいただける、本格派ノートです。

 

実際、手に取って見てみると紙質が全く違います。

 

触った時の第一印象は「こんなにツルツルなのに、ここに文字が書けるのだろうか?」って思ったんですが、書いてみるとペンが滑らかに走りしっかりと文字を書くことが出来ます。

 

さらに、ページを開いた時に左右がしっかりと開くため、よくありがちな、書いている最中にページが手元に覆い被さってく来るということがありません。

 

書くことに集中できるノートなんです。

紳士なノートのダイアリー
(あえて左側のページの量を多くして開いてみましたが、左側から「バサッ」となることがありません)
 

 

紳士なノートのダイアリーが発売

先日、「来年の手帳は何にしようかな?」と書店に行ってきました。

私が望んでいた手帳は、とにかく書くスペースが広いもの

 

基本的な予定はグーグルカレンダーにまとめてあるので、持ち歩き用の手帳は、翌日の予定をまとめられる広いスペースが欲しかったんです。

 

 

そんな中、ふと見覚えのある表紙が目に止まりました。

 

「紳士なノートのダイアリー」

 

愛用している紳士なノートのダイアリー版でした。

しかも、今年新発売になったばかりだとか。

「紳士なノートのダイアリー」発売|株式会社MDS エムディーエス

 

手に取ってみて、ダイアリーの構造にビックリ!

 

最初の数ページに、2017年11月~2018年12月(2019年1月も少しだけある)の月刊カレンダーが14ページにわたって書かれているだけで、その後はすべてノートです。

 

ダイアリー部分は、自由度が高い方眼ノートをベースに、1ヵ月の予定を俯瞰でき一覧性が高い見開き1ヵ月の月間ブロックのレイアウトを採用。『紳士なノートのダイアリー』は、『Premium C.D. NOTEBOOK』をベースにダイアリーと大容量ノートを1冊にした、書き込むことに着目したアイテムです。ダイアリーと大容量ノートを1冊で持ち運びたい、マンスリーダイアリーに付属しているノート部分を増やしてほしいとのご要望を反映し誕生しました。

 

これこそまさに私が求めていた、書くスペースの広い手帳でした。

 

紳士なノートのダイアリー

最初数ページだけカレンダーで、残りはノート

 

アピカ プレミアムCDノート 手帳 2018年 11月始まり マンスリー A5 横罫 47-405

アピカ プレミアムCDノート 手帳 2018年 11月始まり マンスリー A5 横罫 47-405

 

 

ノートカバーは大事!

ビジネスレザーファクトリーのノートカバー以前、紳士なノートを購入した際、ノートカバーの重要性に気付かされました。

 

良質なノートに良質なノートカバーをつけると、それだけで持ち歩きたくなったり書き込みたくなったりするんです。 

 

「せっかく持ち物にお金をかけたんだから、持ち歩かなきゃもったいない!」という気持ちですかね。

 

ということで、ノートカバーは今回もビジネスレザーファクトリーのノートカバーです。

 

 

 

師匠のノート術放送を見た後に買ったノートカバーなんですが、それ以来かなりのお気に入りなんです。

 

このノートカバーの特徴は、しっかりと牛革で作られていて、手に持った際に高級感が漂ってきます。

 

あと何気に嬉しいのが、同じく本革で作られたこのしおり。

 

ビジネスレザーファクトリーのノートカバー  

下からちらっと見えるしおりが、いいアクセントになっているんですよねー。

開く際に持ちやすい長方形の形が気に入ってます。

 

Amazonでは取り扱っている色の種類が少ないんですが、公式オンラインショップ ビジネスレザーファクトリーのノートカバーでは他の色も扱っています。参考にしてみてください。

 

私は近くに実店舗があったので実際に足を運んできて色々見てきました。どの色も捨てがたかったんですが、今回購入したのはこちらの色です。

 

ビジネスレザーファクトリーのノートカバー

 

以前購入したA4版のノートカバービジネスレザーファクトリーのノートカバーが、ブラックグリーンだったんで今回は明るめの色を買ってみました。

 

うーん、やっぱり手に馴染む・・・。そして気分も高まる!

 2018年の手帳生活、なんだか続けられそうな気がします。