bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

カードのポイントを上手に貯めるおすすめの方法

様々なサービスで取り入れられている、購入金額のポイント還元システム。

気がつくと、かなり多くのポイントを持っていることに気づきました。

でも、みんなバラバラおシステムだから使いにくい・・・

効率的なポイントのため方について考えてみました。

 

5つに分散しているポイント

ポイントについて考えてみるには、まずは自分がどのポイントを貯めているのか明らかにする必要があります。

そこで、まずは私が持っているポイントを見てみることにします。

 

ヤマダポイント

ヤマダポイント

 

リクルートポイント

リクルートポイント

 

LINEポイント

LINEポイント

 

Tポイント

Tポイント

小田急ポイント

小田急ポイント

 

ヤマダポイント        4041P

リクルートポイント 3349P

LINEポイント      2580P

Tポイント                   1023P

小田急ポイント    629P

 

合計                       11622P

 

という結果でした。

ポイントだけで1万ポイント以上持っていました(笑)

 

しかし、だからといって1万円以上の商品がタダになるかと言えばそうではなく、トータル1万円分のポイントを保有しているということになるんです。

 

分散していて使いにくい

というのもご承知のように全て違うサービスで貯めているポイントであり、使い道もそれぞれのポイント提携先でしか使うことが出来ません。

いくらこれだけ貯め込んでいても、全て同時に使うわけには行かず使い道は限定的です。

中には、例えばANAのマイルに交換できるポイントもあるのですが、基本的に保有しているポイントを他のサービスに交換する場合、手数料が数%かかってしまうため還元率が悪くなってしまいます。なのであまりオススメしません。

ポイントは、提携先で使うことが1番オトクな方法と言えるでしょう。

 

ポイントの貯め方を考えてみる

「こんなに分散していて、下手なポイントの貯め方だな」と思われたでしょうか?

実はこれ、私の考える最も効率的なポイントのため方だと思います。

こんなに分散しているのになぜか?それは、「全部が全部、貯めようと思って貯めたポイントではないから」なんです。

 

ポイントを貯める際に大事なことは、貯めようと思って貯めているポイントと、貯めようとしていないのに勝手に貯まるポイントを使い分けることが大事だと思います。

 

私の場合、前者のポイントは「LINEポイント」と「リクルートポイント」、後者のポイントは「ヤマダポイント」と「Tポイント」と「小田急ポイント」です。

 

貯めようとしているポイント

LINEポイントはLINEPayカードを使うことで、支払った金額の2%が毎回還元されます。そして、貯まったポイントはそのままLINEPayとして使うことが出来るため、循環し続けることが出来ます。現在の私のメインカードとなっています。

 

また、リクルートポイントは、主に光熱費の引き落としや家庭全般の支出時に利用している「リクルートカードプラス」を使って貯まるポイントです。こちらも2%還元されるので効率よくポイントが貯まります。

貯まったポイントは、「じゃらん」で旅行予約をする際に使ったり、ホットペッパービューティーで使ったり、リクルートが運営する「ポンパレモール」で買い物をする際に使ったりしています。

ポンパレモールの品揃えは、Amazonと比べれば決して良いとはいえないのですが、書籍に関しては差がないので活用しています。また、旅行を予約する際に「じゃらん」で使えるのが非常に便利です。

 

これらは、普段の生活に欠かせないカードとなっており、日々使うことでポイントを貯めています。

貯めようとしていないポイント

逆にその他のカードについては、ほとんど利用していません。それなのに、なぜポイントが貯まっているのでしょうか。

 

ヤマダのポイントに関しては、ヤマダ電機で家電を購入した際に付与されるポイントを貯め続けているだけです。地元が群馬県なので、ヤマダ贔屓で家電はヤマダという意識があるからでしょうかね(笑)

 

Tポイントは、先日nanacoにチャージできるカードとして作成した際、入会ポイントを5000ポイント頂いたことと、今まで貯めていたTポイントを合算したことでこのポイント数になっています。

ファミマやエネオスを利用するため、Tポイントが貯まっていくんですよね。今後は、nanacoにチャージをすることでもポイントが貯まっていくことでしょう。

 

小田急ポイントは小田急カードを使った際に貯まるポイントなんですが、普段は家の引き出しの中に眠っています。

どうやって貯めているかと言えば、オートチャージです。

自分の持っているPASMOを小田急カードと紐付けてオートチャージの設定をしておくと、残高が少なくなった際にオートチャージが行われます。その度ごとに、ポイントが還元されている状態です。

残高が少なくなった時、どうせチャージするなら自動でチャージできて、ポイントが貯まるシステムのほうがいいですからね。

貯まったポイントは小田急百貨店で利用できるので、デパ地下スイーツでも買えばOKです。

 

まとめ

ポイントに囲まれた生活をしている身としては、闇雲に貯めればいいというわけではなく、生活スタイルにあった貯め方をするべきでしょう。

以前は、楽天カードを使っている時期もあったんですが、LINEPayカードを使い出してからは全く使わなくなってしまいました。

このように、今持っているカードを時には見直してみることも大事だと思います。

また、どうしてもどれにしていいかわからない方は、LINEPayカードと、VISAブランドのカードをどれか作っておけば、問題ないと思います。
(LINEPayカードはJCBブランドのみなので、使えない店があるんですよね・・・)