bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

雨を言い訳にする人はアイデアのチャンスを逃している

雨が続きますね。

こんなに雨が続くと、家から出たくなくなってしまう人も多いはず。

でも、それってもしかしたら、絶好のチャンスを逃しているかもしれませんよ?

雨だからって消極的になるのはもったいないんです!

 

 

バルミューダのオーブントースター

f:id:yonyon2017:20171022101432j:plain

バルミューダのオーブントースターって知ってますか?

このオーブントースターで食パンを焼くと、普通のトースターで焼くよりもものすごく美味しく焼けるということで有名になったトースターです。

 

でも結構いい値段するんですよね・・・

 

 

トースターにしてはものすごく高い!!

ところが、この商品が大人気だとか。高付加価値を求めた顧客が多いということなんでしょうね。

 

スチームが美味しさの秘密

f:id:yonyon2017:20171022102421j:plain

なぜこのトースターがここまで美味しいパンを焼くことが出来るのかというと、焼く際に水を5cc入れることで、パンの表面をうっすらと水分の膜で包み込むんです。

 

水分は庫内の空気よりも早く温められるため、パンの表面が先に焼きあがり、中の水分はパンの中に閉じ込められたまま。

こうして外サクサク、中しっとりのパンが焼き上がります。

 

肉の料理で言うところの、肉の両面を先に焼いて肉汁を中に閉じ込めるといった感じでしょうね。

 

雨の中のバーベキュー

f:id:yonyon2017:20171022102029j:plain

パンを焼く際に水を入れるという発想、これ偶然の発見だったそうです。

 

ある日、会社のバーベキューをすることになっていたんですが、あいにくその日は大雨が降っていました。

大雨の中のバーベキューって、むしろいい思い出になるんじゃない?ということでバーベキューを決行することに。

その時、持っていた食パンを焼いてみると、とにかく美味しいトーストが出来上がったんだとか。

 

その後、同じように炭火で焼いてみた所、一向にその美味しさは再現できません。

するとある社員が「あの日、土砂降りだったよね?」と言ったことから、美味しさのためには水分が必要なのではないか?という発想にたどり着いたそうです。

 

雨を言い訳にしない

f:id:yonyon2017:20171022103935j:plain

もしこの日、「雨だから中止にしよう」という事になっていれば、もしかするとこの大ヒット商品は生まれていなかったかもしれません。

 

この出来事を聞いて、雨を言い訳にして行動しない人は、チャンスを逃しているんじゃないかって思ったんです。

雨の日には、晴れの日には隠れていて見えなかった発見があると思うんですよね。

 

わかりやすく言えば、傘に関する発見は明らかに雨の日の方が多いですよね?

傘の仕事をしている人は、言うまでもなく雨の日に活動していると思うんですが、新しい発見って傘に関する仕事をしていない人の方が見つけたりするんですよ。

 

固定概念にとらわれないものの見方が出来るから、素人の方が意外性のある発見が出てくる気がします。

ぶっ飛んだアイデアを言えば、「雨を濾過して飲める傘」とか(笑)

 

今の時代何があるかわかりませんからね(笑)

クラウドファンディングで実現する可能性もなくはないでしょう。

 

まとめ

傘の話は少しぶっ飛んでますが、雨を言い訳にして行動しないままでは、いつも一定の目線でしか物を見られなくなってしまうと思うんです。

 

雨の日に見える景色と晴れの日に見える景色。

そこにある違いが、新しい発見を生み出すことがあるかもしれません。