bon-choco-la-bon

知らないで損するより、知って得しよう!

今年からトイレにスマホを持ち込みません!

スマホをトイレに持ち込むのはどうなのか論争、随所で耳にすることがあります。

ワタクシ個人の考えとしては、「持っていってもいいじゃん!てか、持っていってるし!」なんですが、

宣言します。今年はスマホをトイレに持ち込みません!!

持ち込み否定派の意見

トレスマホは汚い
スマホをトイレに持ち込むことに関して否定的な人の意見って、「汚いから」が大半じゃないですかね?

「ケツ拭いた手でスマホいじるなんてきたねーだろ!」っていう。

 

でもね、これには真っ向から反論します。

「持ち込む人(ワタクシ)は、ケツ拭いた手でスマホは触らないよ!!」

 

持ち込む側の意見

スマホトイレは汚くない
『持ち込む側=ワタクシ』になってしまって申し訳ないのですが、ケツ拭いた手でスマホを触ったりはしません。

いや、だって汚いもん。自分のスマホをケツ拭いた手で触りたくないですもん。

 

これ、誰でも同じですよ。絶対(多分・・・)

さすがにその辺の感覚は持ち合わせています。

 

だから持ち込んでも、ケツ拭くまでの間です。

便座に座ってスマホを触っているだけなら、普段と何も変わりないですよね?

 

ではそもそも、なぜスマホをトイレに持ち込むのか。

答えはただひとつ。ヒマだから。

 

トイレタイムの有効活用

トイレの有効活用

この部分、かなり自己擁護が入ってますよ?

自分の行動を正当化している部分がありますが、ご了承ください笑

 

トイレに入って何もしない時間がもったいないんですよね。

座って用を足すまでの間、なにか出来ることがあるじゃないですか?

 

Twitterで情報収集、YouTube見て楽しむ、Kindleで読書・・・とかとか。

それをしたいんですよ。時間を有効活用したいから。

 

ホリエモンもトイレなどのスキマ時間の有効活用法を述べています。

weblog.horiemon.com

 

2019年持ち込まない理由

スキマ時間の有効活用
ということで、スキマ時間を有効的に活用するため、スマホをトイレに持ち込んでいるわけですよ。

 

確かにスマホを持ち込むことで、いろいろ捗るようになったことは事実です。

これは実感として感じています。

それなのにどうして今年から持ち込まないことにしたのか。

 

それは、トイレの時間が長くなってしまうから。

 

これは完全に自分のダメな部分です。

有効活用と言っておきながら、用を足した後もずっとスマホを見てしまう。

その結果トイレタイムが長くなりすぎて、本末転倒に陥っている気がします。

有効活用のために持ち込んだスマホが、結果として時間を奪ってしまっていることに気が付きました。

 

繰り返しますが、あくまでワタクシに関してですよ。

スマホをトイレに持ち込んでスキマ時間の有効活用ができている方は、全然続けていくべきだと思います。

 

まとめ

ということで、脱トイレスマホ宣言です。

トイレにこもる時間が長くなってしまうのであれば、スマホをトイレに持ち込むべきではない、こう判断いたしました。

 

本当に忙しい人は、うまくスキマ時間を使えるんですよね。

トイレに行く時間すら惜しい人にとっては、トイレスマホは非常に有効的な時間の使い方でしょう。

でも、自分みたいにトイレでスマホを見ている時間が長くなってしまうような人は、持ち込まないで他のことに時間を使ったほうが良いのかもしれません。